GOSUKE FACTORY

何かの記録

2016/05/04 - 
GTA5
openFormats が、ydd, ydr をサポートしました。ydd, ydr は3Dモデルのファイル形式で、武器モデルやキャラクターモデルに使われている形式です。3dsMaxのプラグインの方は、数日中にこれらの形式がインポート、数週間中にエクスポートが可能になるようです。

 あとは、Package Installer がアップデートして、より複雑な操作が可能になったくらいか、目立ったものは。



2016/05/01 - 
GTA5
 Z1000A1 の作成が終わったので、MADMAX Goose のバイクの作成を再開しました。カウルの微妙な形状の作成が難しくて、時間がかかりそう。今月中にリリースが無理だろうなぁ・・・・・・。来月の6月中くらいには MADMAX Goose のバイクMODをリリースできるように、がんばろう。


2016/04/28 - 
GTA5

 Z1000A1 完成!今回は改造パーツは無しにしました。

Kawasaki Z1000A1

2016/04/23 - 
GTA5


 ほぼ完成したので、Z1000A1 の紹介動画を作成しました。あとは、一人称視点での位置調整をして、一通りの最終チェックで問題がなければ、OpenIV Package Installer 形式の作成作業に入る予定です。


2016/04/20 - 
GTA5
 commandline.txt に、-scOfflineOnly があると、「警告 入力内容にサービス利用規約に準じない可能性のある言葉が含まれています。ご確認の後、再度お試しください。」といったエラーで、プロジェクトを別名で保存したり、動画のエクスポートをする事ができない模様。

 以前は問題なく出来ていたような気がするけど、いつのまにかにNGワードのチェックでもするようにしたのかな?プロジェクト名とかローカルでの問題なんだしどうでもいいと思うんだけど、いちいちオンラインでチェックしているみたいな感じは、あまり気持ちのいいものではないなぁ。


2016/04/18 - 
GTA5
 GTA V のゲーム中で特定の車両をスポーンさせたときに、ERR_SYS_INVALIDRESOURCE_5 のエラーでGTA V がクラッシュする場合の修正方法。

  1. 該当の車両モデルを Zmodeler3 にインポートする。
  2. そのモデルのルートのDummy node の Property を開く。
  3. User-Defined options の Base の値を、高い数値に変更する。

 このエラーは、メモリ管理関係のエラーのようで、モデルに対する割り当てメモリを増やすことでエラーが回避する事ができます。このBase値が高い数値ほど、そのモデルに割り当てられるメモリ量が増えるわけですが、増やしすぎないように注意が必要です。まずは100あたりの値に設定をして、徐々に数値を減らしていき安定して遊べる値を探ります。このBase値が高いままだと無駄にメモリ使用量が増えて、不安定になる原因を作る可能性が高くなりますから、なるべく、このBase値は少なめにするようにした方がよいでしょう。


 いつだかのバージョンから、このBase値の設定ができるようになったみたいで、デフォルトのモデルをインポートしてそれをベースにハイポリの車両MODを作成すると、デフォルトモデルのBase値のままなので、割り当てメモリが足りなくGTA V がクラッシュしてたんですね。ふー、やっと問題が解決できてよかった。




最初前5 910・[11]・1213 次5最後

< home >
 当サイトはPC版ゲームのMODを中心に取り扱うなか、私gosukeのたわ言をつらつらと記録しています。MODとはModification、元のゲームに様々な要素を追加・改変する事で、オリジナルのゲームよりさらに楽しめる幅が広がります。
管理者:gosuke

RSS 1.0 Youtube Twitter

Google
 当サイトはリンクフリーです。何処を貼ってもOKですが、ファイルへの直リンクは出来ればご遠慮お願い致します。バナーでリンクする場合は下にあるバナーを使用して下さい。

banner
意見、要望、感想、叱咤、激励、などなどありましたら下の意見箱からメッセージをどうぞ。
意見箱