GOSUKE FACTORY - STALKER

Export Plugin for 3D Studio Max 2.0 の導入方法

 プラグインを導入の前に、予め SDK が既にインストールされている、または、STALKERのgamedata.dbxを全て展開して gamedata フォルダを作成してある必要があります。勿論、プラグイン自体も必要です。
 プラグインのダウンロードはこちらから。  Export Plugin for 3D Studio Max 2.0
 このプラグインは、3ds Max 6、7、8 で動作します。

 上記のサイトからダウンロードしたファイルを解凍します。
 解凍してできたpluginsフォルダの中身全てを 3ds Maxのpluginsフォルダにコピーします。

xray_export.dlu
xray_material.dlt
Microsoft.VC80.CRT.manifest
msvcm80.dll
msvcp80.dllmsvcr80.dll


 以下のファイルを 3ds Max がインストールされているルートフォルダにコピーします。

BugTrap.dll
xray_path.ltx


 コピーしたxray_path.ltxをメモ帳などで開き以下の箇所の "x:\" を gamdata フォルダがあるパスを記述します。

$server_root$ = false| false| x:\
$local_root$ = false| false| x:\


(記述例)
$server_root$ = false| false| D:\game\util\stalker\X-Ray SDK\level_editor\
$local_root$ = false| false| D:\game\util\stalker\X-Ray SDK\level_editor\


 ここでいう gamedata フォルダは、SDK内の gamdata フォルダ、または、gamedata.dbxを展開して作成した gamdata フォルダの事です。これが正しく記述されていないと左の画像のようなエラーがでて正常にプラグインがロードされません。正常にロードされているかどうかはプラグインマネージャーを見るなどして確認して下さい。

 または、コマンドパネル → ユーティリティ → その他 ときて S.T.A.L.K.E.R. Export があれば正常にプラグインがロードされている事になります。このプラグインを使用してのエクスポートのやり方について、また後日、解説をしたいと思います。

 おつかれさまでした。(2007/08/27)


 当サイトではGSC Game Worldの S.T.A.L.K.E.R.のMODを中心に取り扱っています。MODとはModification、元のゲームに様々な要素を追加、改変などをしたりする事で、オリジナルのゲームプレイの幅が広がったりする事でよりいっそう楽しむ事ができます。
管理者:gosuke

Youtube Twitter

Google
記事(S.T.A.L.K.E.R.)
(最終更新日 2014/05/30)

作成物
Download
MOD データベース
Shadow of Chernobyl
(最終更新日 2009/05/10)

Clear Sky
(最終更新日 2009/05/10)

MOD製作の解説
Export Plugin の導入方法
(3ds Max)
オブジェクトの作り方
(3ds Max, ActorEditor)
CoPで新しい武器を追加する方法
(ActorEditor)

 当サイトはリンクフリーです。何処を貼ってもOKですが、ファイルへの直リンクは出来ればご遠慮お願い致します。バナーでリンクする場合は下にあるバナーを使用して下さい。

banner
意見、要望、感想、叱咤、激励、などなどありましたら下の意見箱からメッセージをどうぞ。
意見箱